ウェットシート・ウェットティッシュの組立

Wet sheet

ウェットシート・ウェットティッシュの流通加工

ウェットティッシュケース組み立て等の流通加工なら 東大阪市のセゾンへお任せ下さい。

ウェットティッシュを入れる樹脂ケースの組立をします。開閉する蓋、ティッシュ取り出し口の組立と取付などを行います。

作業場所へ入場する際は手指洗浄、アルコール消毒、粘着テープでの埃取り、エアシャワー室を通り、クリーンルーム内で行います。作業の際は制服制帽、手袋、マスクを着用など作業場の衛生管理をしています。

歯磨き粉などの医薬部外品、スキンケア化粧品などの流通加工もおこなっており、マスクやウェットティッシュ等の衛生用品の流通加工も得意としております。

 

 

セゾンが提供しているサービスのポイント

人体に触れるものなので、異物は混入させません!

ウェットシート・ウェットティッシュは人体に直接触れる物であり、体を傷つけてしまう異物などの混入があってはなりません。当社では専任の検査員による目視検査だけでなく、重量計測検査、金属探知機検査の2つの検査を機械で行っています。

上手く取付けが出来るよう、取付専用の治具を自社開発しました。作業の平準化が成され効率と品質を向上させています。

衛生用品でもありますので異物混入には特に注意を払っています。そのため熟練の検査員による目視検査や金属探知機による検査も実施しています。

 

限定3社/月 流通加工改善の無料相談受付中!

お電話でのお問い合わせ

0800-800-9077

平日9:00~18:00 担当:タベ

Webからのお問い合せ

作業内容

蓋部分の組立て

蓋を開閉させるパーツの組立をします。とても小さな部材ですが組立には結構な力がいるため、作業者の指先の負担を減らし仕上がりにバラつきがないよう自社製作の取付治具を活用しています。

蓋の取り付け

組み上げた蓋をケース本体に取り付けます。

取り出し口の取付

ウェットティッシュ取り出し口を本体に取り付けます。ここでも自社製作の治具を使い、外れないよう確実に取付けます。

製品検査

蓋の開閉はスムーズか、取り出し口がしっかりと固定されているか、外観にキズや汚れがないか検査します。

箱詰め・重量検査

指定された数量を輸送箱に詰め、計量します。基準値に対して過不足がある場合はアラームが鳴り、ラインから一旦外して内容物の再確認をします。

お客様の声

正確でスピーディな対応に品質の高さを感じています。

ウェットティッシュケースの組立をして頂いておりますが、他社でお願いをしていた時は、外箱の取り付け不具合により、ティッシュの取り出しがし難いなどの問題が発生した事がありました。

しかしセゾン様ではそのような不具合は一切無く、安心して任せられます。細かな作業工程にも対応して頂き満足しています。直接、手に触れるものなので安心してお任せ出来ます。                              

A様

担当者の声

治具の活用ときめ細かな事前指導が決めてです。

蓋の組立とケース本体への取付け、取り出し口部分の取付けなど細かな作業が多く、作業者の指先には結構な負担がかかります。そこで取付専用の治具を自社製作、これを活用することで作業者の負担を軽減し、また手先の器用さに左右されにくい作業にしています。同時に組立が不十分であることからくる取付不良も解消でき、安定した水準の仕上がりが維持できました。

 製造ライン管理責任者

お気軽にお問い合わせ・ご応募ください!

お電話でのお問い合わせ

0800-800-9077

平日9:00~18:00 担当:タベ

Webからのお問い合せ