ブログ

blog

防虫製品の袋詰め・箱詰め流通加工

|

2020.05.15

皆さん、こんにちは。有限会社セゾンの田部です。

弊社ブログをご愛読頂き誠にありがとうございます。
4月になり、外の気温も上昇すると共に、虫が出始め活発に動く季節になりつつあります。
防虫剤、殺虫剤、忌避剤など虫対策の製品の市場の動きも良くなると思います。

さて本日は防虫製品(虫よけリング)の袋詰め及び箱詰めについてのお話をさせて頂きます。

~お客様からのご要望~

・製品は人の手首に付けるリング状の防虫製品。
・リングをアルミ袋に詰めてシーラーをかけ、化粧箱に入れてほしい。
・化粧箱の側面にロットの印字をしてほしい。

~作業の流れ~

ご依頼のありました内容から以下のように工程を組みました。
・製品(リング)をアルミ袋に入れます。
・ヒートシーラーで封緘します。
・化粧箱を組み立て、製品が入った袋を入れます。
・化粧箱にロット番号を印字し、印字漏れや印字不具合を専用の機械で検査をします。
・自動計量器を通した後、輸送箱に詰め、カートナーで封函しケース重量を計量します。

~お客様からのコメント~

製品からでる匂いがきつい為、他の業者ではなかなか受けていただけなかったのですが
セゾン様では専用の作業場をご用意頂きました。
リングの袋詰めもし辛いのですが、効率よく作業頂き、予定の納期までに生産して頂き助かりました。

~担当者からのコメント~

匂いが強い商材でしたので、他の資材、製品に匂いがつかないよう保管も含めて作業場を専用にし、換気にも十分注意しました。
製品の袋詰めについては、専用の治具を作成し使用する事で簡単且つ効率よく作業をすることが出来ました。

【シーズン限定のお得情報はこちら。2月~9月の期間を特別プランで案件を承っています】

https://osaka-saison.com/schedule/

【他の事例も是非ご覧ください】

https://osaka-saison.com/service/case-study/

無料ガイドブック大公開

お気軽にお問い合わせ・ご応募ください!

お電話でのお問い合わせ

0800-800-9077

平日9:00~18:00 担当:タベ