ブログ

blog

お菓子のギフトセット加工(箱詰め)

|

2021.12.06

みなさんこんにちは。有限会社セゾンの金田です。
早いもので2021年も今月が最後、コロナ感染状況も落ち着いたところで忘年会のシーズンでもあります。

しかしながら、企業をはじめ昨年同様忘年会を自粛する傾向が今年も続くようです。
Withコロナにおける生活スタイルの変化ということなのでしょう。

ただ忘年会は中止、自粛する代わりに社員にギフトをプレゼントする企業も出てきたようです。
今回ご紹介するのはまさにそれ、社内贈答用のお菓子のギフトセット加工(箱詰め)です。
扱うお菓子は個装されたタルト、指定数量を化粧箱に詰めリボンをかけて社長様のメッセージカードを添付します。

工程の流れは以下の通りです。

  • 身箱を組み立てコンベアに流す。
  • 4種類のタルトを身箱の仕切に合わせて指定の向きで入れる。
  • 指定通りの位置に指定された味のタルトがもれなく詰められているか目視検査する。
  • パットを入れて蓋をし、リボンをかける。
    ここで社長メッセージカードをリボンに挟み込みます。
  • 自動計量機を通し指定個数で外装ケースに詰め、
    封函、印字をして計量合格ならパレットに積みます。

チョコやクッキーなどお菓子の箱詰めは当社の定番作業ですので、特に問題はありませんでしたが、今回のポイントは化粧箱の折りを同時進行でしたことです。
箱折りも委託された場合、通常は前作業として箱折りのみ済ましてしまうことがほとんどなのですが、今回は日程がタイトであったため同時進行にせざるを得ませんでした。
この化粧箱が結構細かく折らせる作りになっていましたので、折りしわなどの不良を出さないように慎重かつ丁寧に作業させることに注意しました。

ちなみに社内配布用ギフトのセット加工は11月、12月で3件ありました。
来年はもっと増えるのか、それとも違う形のイベントになるのか、
今後の動向に注目していきたいと思います。

セゾンでは、様々な商品の流通加工を手掛けております。
具体的な作業内容はこちらをご参照ください。

【作業内容紹介】
https://osaka-saison.com/service/

このように、セゾンでは各作業ごとに工程管理と記録を行い、
付加価値の高い流通加工サービスを提供しております。
是非、他の事例もご覧ください。

【事例集はこちら】
https://osaka-saison.com/service/case-study/

無料ガイドブック大公開

お気軽にお問い合わせ・ご応募ください!

お電話でのお問い合わせ

0800-800-9077

平日9:00~18:00 担当:タベ